ほくろを除去する方法を伝授|クマはレーザー治療をすることで10歳若返られる

ほくろを除去する方法を伝授

ウーマン

原因を追究

後天性色素性母斑とも言われるほくろですが、生まれた時からあるわけではありません。母斑細胞が皮膚の中で増えたことにより、肌に現れるのです。日焼けをした後に増えることもあるでしょう。

ポピュラーな治療法

用意されている地利用法はクリニック次第ですが、今やレーザー治療はほくろ除去として代表的です。大きいものだと切除した方が早いケースもありますが、一般的なほくろであれば数ミリなので炭酸ガスレーザーなどが用いられます。

再発しても安心

クリニックにもよりますが、施術後に再発した場合は無料で2回目のレーザー治療をしてくれます。また、保険が適用されるケースも珍しくないので、まずは診てもらうと良いでしょう。

治療方法によって治る期間が変わる

早急に改善する

炭酸ガスレーザーの場合、ほくろを組織と一緒に削ります。盛り上がったイボなども除去することが出来るでしょう。ほとんどの場合、1回の治療で劇的な変化があります。施術後の傷を乾かさないようにすることで治りが早くなるでしょう。

丁寧に治す

Qスイッチレーザーの場合、メラニンの色素ごと破壊します。メラニン色素だけに反応するという特長があり、ほくろ以外の皮膚が傷つくことはありません。削らない方法なので肌への負担は最小限に抑えられるでしょう。ただ、炭酸ガスレーザーとは違い、ほくろの色を薄くする治療法となります。

広告募集中